Counter Strike:Sourceカウンターストライクソースのfanサイトです

CS:S fan
Counter Strike:Source  カウンターストライク  のファンサイトです。
フェイスインターネットショップ(faith-go.co.jp)
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Counter Strike:Source サーバー設定編②
2005年06月07日 (火) 15:47 | 編集
Source Dedicated Server for windows


前回cfgフォルダを作成してserver.cfgファイルを入れました。
cfgフォルダ内ファイル名によってcfgファイルの役割を解説します。

server.cfg
 
通常マップチェンジごとに読み込む設定ファイル起動後プログラムから変更した項目もマップチェンジで戻る

マップ名.cfg

マップごとに設定したcfgを読み込む(例 de_dust2.cfg)

autoexec.cfg

起動時に1度読み込みserver.cfgに書き込む

bot.cfg

server.cfgやautoexec.cfgにBOTのコマンドを書き込んでもよいがわかりやすいように分けて使用する時に使う
server.cfgもしくはautoexec.cfgにexec bot.cfgを書き込んでおくと起動時実行する

他、好きなファイル名.cfgをいくつか作って(試合用・練習用など)consoleから
exec ファイル名で読み込ませることができる。
lo3.cfgなど試合開始前にリスタートを3回(LIVE ON 3)かけるファイルも同じ

rcon(遠隔操作)を使うとゲームをプレイしてるPCのconsoleから実行できる
rcon_password ??????
rcon exec lo3.cfg

たぶんあってると思います。違っていたらつっこんで下さい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。